アメリカにひとり会社を作る方法をご紹介します。会社設立です。
  ・法人税ゼロ
  ・所得税ゼロ
  ・決算書不要
そんなひとり会社を作る方法をeBOOKでご紹介します。

あの芸人さんも、アメリカひとり会社なら、追徴課税はなかったかも!?

芸人さんに学ぶ 賢い個人会社の作り方
法人税ゼロを実現!1万円以下で会社設立!
さぁ、アメリカにひとり会社を作ろう!

なんと、1万円以下で会社が設立できます。
年間維持費も1万円以下にできます。
さらに、一定の条件を持った人がアメリカにひとり会社を作ると・・・・
法人税、所得税がゼロになり、決算書が不要となりえます

その一定の条件とは・・・


こんな人が当てはまります!
あなたはどうですか?
あてはまりますか?

例えば、アフィリエイター、ブロガー、ユーチューバー、ネットショッパー、ライター、イラストレーター、プログラマー、WEBデザイナー、マーケッター、編集者、翻訳者、写真家、コンサルタントなどなど
つまりは、ネットとパソコンさえあれば、世界中どこでも稼げる人たちです

アメリカにベンチャー・スピリットを応援する「ひとり会社」という制度があります。
ひとり会社は、決算書は不要で、手間いらず。会社自体の運営にかかわる労力をできる限り少なくできます。
だから、ベンチャーは自分のビジネスに集中できるのです。
領収書を集める必要はもうないです!

会社設立はオンラインで申し込むだけです。
申込み にかかる時間は10分程度です。
あとは寝て待つだけで、数日後には会社が正式に設立されます。

アメリカのどこでも、お好きな州で設立できます。
ハワイに会社が作れちゃいます。シリコンバレーのあるカルフォルニアでも大丈夫。ニューヨークもかっこいいかも。

なんで、法人税や所得税がかからないの?

アメリカと日本の税制との間で生じたミスマッチによるものかも!?
でも、完全無税ではありません。会社の登録税は必要です。
ハワイなら、設立時の登録税は50ドル、2年目以降は15ドル、なんと約1,650円ですね!
さらには、2年目以降の登録税がゼロ円の州もあります!?

芸人さんに学ぶ 賢い個人会社の作り方
法人税ゼロを実現!1万円以下で会社設立!
さぁ、アメリカにひとり会社を作ろう!

       目次
        プロローグ
         第1講 アメリカひとり会社の全体像
         第2講 LLCとパススルー課税
         第3講 非居住者と源泉所得
         第4講 恒久的施設(PE)
         第5講 非課税となりうる仕組み 
         第6講 タックス・ヘイブン対策税制
         第7講 租税法律主義
         第8講 会社設立の流れ
         第9講 会社名を決める~設立完了まで
         第10講 会社の運営
         第11講 ラーメン屋さんはどこに開店する?
        エピローグ

     

内容を一部紹介します。

ニュースが流れた。
有名な芸人さんが、個人会社の法人税の申告漏れを国税局に指摘され、重加算税含
めて1億円以上を納付したと。TVでも大々的にインタービューが放送された。経費
として計上したものが経費として認められず、所得として認定された。その所得に
対して課税された。そんな説明があった。
このニュースを見ていたブロガーは怖くなった。そこそこアフィリエイトで稼いでいるの
で、個人会社を作った。個人事業主より税率が低く、経費の範囲が広いので節税になると他
のブログに書かれていたからだ。

そこへ小太りの若い男が通りかかった。ネットビジネスで一世を風靡した秒速マスター
だ。お金で苦労して税制オタクになった秒速マスターはブロガーに優しく声をかけた。

秒速マスター アメリカにひとり会社をつくれば、いいじゃん!
ブロガー えっ?ひとり会社ですか?それも、アメリカに?

秒速マスター PEの話だったね。
 日本にビジネスの拠点がない海外の会社の場合、つまり、PEのない外国法人は、日本で
事業の所得があっても課税はされないんだよ。

ブロガー え、課税されないんですか。税金を払わないということですか。
秒速マスター そうだよ。税金は払わなくていいんだよ。
  例えば、外国法人がサーバーのホスティングサービスとかを日本向けに提供していても、
日本でPEがなければ、その所得は日本で課税されないということだよ。
ブロガー あ、ニュースで見たことがあります。ネットで本を売っている海外の会社は日本
で税金をあまり払っていないと。確か、ブラジルの会社でしたか。
秒速マスター その話はブラジルの会社ではないけど…。ま、いいか。
で、そういう決まりになっているんだよ。これを業界では、PEなければ課税なしと言っ
てるよ。

秒速マスター あ、そうか。僕の説明が良くなかったかな。
 それじゃ、全体の前提も含めて、もういちど整理をしよう。
  ・キミ、つまりデジタルノマドがアメリカにひとり会社を作る。
  ・ひとり会社は日本でビジネスをする。
  ・日本でビジネスをするので事業の所得はあるが、PEはないので日本では非課税。
  ・一方、アメリカで、ひとり会社は法人としては課税されない。
  ・パススルーされ構成員が課税される。
  ・しかしながら、構成員であるデジタルノマドは、アメリカ国籍がない。
  ・アメリカ非居住者であり、アメリカには源泉所得がない。
  ・なので、デジタルノマドは課税されない。
   つまりは、アメリカひとり会社は法人としては課税されないし、デジタルノマド個人とし
   ても所得税は課税されないということだね。
ブロガー そういうことですか!やっと頭の中で1本の線がつながったような感じです。
だけども、どこにも税金を払わないということはアリなのですか。少々ストレートな質問
ではありますが。

抜粋は以上です。
ご購入はこちら↓のリンクからお願いします。

ご購入はこちら←クリック

eBOOK タイトル:  
 芸人さんに学ぶ 賢い個人会社の作り方
 法人税ゼロを実現! 1万円以下で会社設立!
 さぁ、アメリカにひとり会社を作ろう!
全ページ数:     
 30ページ
販売価格:      
 1,980円(税別)
 2,178円(税込)

ご購入をどうぞよろしくお願いしますm(__)m

--------

ご好評にお応えして「メールサポート付き」の販売を開始しました!

『アメリカひとり会社のメリットはよくわかったよ。
 だけども、自分で海外のホームページで申し込むのは、やっぱりちょっとハードルが高そう・・・。』

『自分で会社設立を申し込むつもりだけれども、よくわからないことがあったらどうしよう・・・
 メールでいいので、簡単にサポートしてくれませんか?』

そんなお客様のご要望にお応えして、メールサポート付きでの販売です。

メールサポート付きeBOOKのご購入者様に対して、以下の通り、メールにてサポートさせていただきます。

サポート期間
ご購入日より90日間

サポート内容
ご購入者様が、本eBOOKでご紹介したひとり会社をアメリカに設立するにあたって、その設立をお手伝いするものです。

具体的な主な内容です。
・お勧めする登録エージェントのご紹介(実際に著者が利用した会社)
・お勧めする登録する州のご紹介(実際に著者が設立した州)
・登録代理会社でのホームページにおける実際の手続き手順に関するもの
・その他、ひとり会社に関する一般的なご質問や相談など

サポートメールアドレス
〇〇〇@globaldigitalnomad.net

ご注意事項
本メールサポートでは全力でご購入者様をサポートさせていただきますが、サポート期間内にアメリカにひとり会社を設立することを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
また、税務相談など、本eBOOKの内容を逸脱するものに関しましては、サポート致しかねますこと、ご了承いただければ幸いです。

メールサポート付きeBOOKのご案内は以上の通りです。
↓以下より、ご購入をいただければ幸いです。

メールサポート付きeBOOKのご購入はこちら←クリック

eBOOK タイトル:  
 メールサポート付き 芸人さんに学ぶ 賢い個人会社の作り方
 法人税ゼロを実現! 1万円以下で会社設立!
 さぁ、アメリカにひとり会社を作ろう!
全ページ数:     
 31ページ
販売価格:      
 7,980円(税別)
 8,778円(税込)

ご購入をどうぞよろしくお願いしますm(__)m

————————————————

関連ブログもお楽しみください。
Free-Enterprise オフショアカンパニーで行こう♪
http://free-enterprise.net/

————————————————


特定商取引法にもとづく表記 

MENU